交通違反に関する素朴な疑問特集

mobile01_l車を運転していると、いろいろな交通違反について触れることがあります。パトカーが近づいてくると、自分が悪くなくても何か注意されたり、停められたりするような気がしてしまいます。それだけ、緊張感を持って運転をしているということなのです。
昔からよくあるのが、スピード違反であり、走行している道の制限速度に対して、ある程度のスピードが出ているときにはつかまります。その度合いによって減点や罰金が科されます。そのため、通勤などで高速走行や長距離になる人も中にはレーダー探知機を着けている人もいるくらいです。
ほかには、信号無視というのは、はっきりと赤信号で進むのは違反であるとわかるのですが、右折や左折でタイミングが悪く迷って進んだ場合には、判断が難しいでしょう。本人としては急ブレーキを踏む危険よりはそれを回避して、進んだという判断なのです。取り締まりをしている警官との見方の違いでもあるのです。
また、信号のない横断歩道に人が立っていた時には、停止し、歩行者を優先にしなければいけないのですが、これも止まったところで歩行者が渡るつもりがなかったり、歩行者の方から車を先に行かせようと仕向けてくれることもあるので、すべてが違反とも捉えられないのです。mobile02_l.

Comments are closed.

最近の投稿