飯高駅のおすすめドライブプラン

飯高駅は、三重県の松阪市飯高町地区にある道の駅で、平成5年に三重県内では最初の道の駅としてオープンしたものです。実は平成2年にはすでに地元の特産品販売所としてオープンしており、当時から鉄道が走っていない地域で「駅」を名乗るめずらしい施設であったといいます。そこで、全国的にみるといくつか異論もありますが、旧建設省による道の駅高僧のおおもとになった施設ではないかといわれています。この飯高駅のなかには、木の香りがただよう展望温泉、旬の素材をつかったメニューが評判の和風レストラン、木工品や農産物をはじめとする地元の名品がそろう特産品等販売所、そば打ち体験などができる工房などがありますので、ドライブの際には単に運転の疲れを取るだけではなく、積極的にさまざまな施設を利用して楽しむこともできます。飯高駅の周辺には、映画界の巨匠といわれた小津安二郎の思い出の品を展示する「小津安二郎資料室」、江戸時代にかつての和歌山街道沿いで大名や武士の宿泊にあたった「波瀬本陣跡」、天然記念物にもなっている断層帯「月出中央構造線」、運気が開けるお寺として評判の「天開山泰運寺」などがありますので、ドライブで巡るのがおすすめです。

Comments are closed.

最近の投稿