2ピースホイールの品質と構造

ホイールの役割というのは、見た目だけでなくその性質によって乗り心地や燃費に大きく関係してきます。ホイールを見極めるうえで最も重要視すべきことは、その製法です。
製法には、鋳型に溶けた材料を型に流し込んで固める「鋳造」と、ある程度削った材料のかたまりを叩いて成型していく「鍛造」の2種類があります。鋳造は比較的リーズナブルであり、鍛造は軽量化する場合に向いている製法です。
構造の特徴として、ホイールには1ピースホイール・2ピースホイール・3ピースホイールがあり、これらは、いくつのパーツから出来ているのかを示すものです。1ピースはリムとディスクが一体型に成型されたもの、2ピースはリムとディスクで構成されたもの、3ピースはさらにリムの部分が分割されているものです。
これらの中で、人気のある2ピースは、ディスクが単体パーツとなっているので成型がしやすく、デザインのバリエーションも大変豊かです。材料に使用されるものは、一般的にアルミ合金製が主流となっています。よく車の標準装備となっていることが多いスチール製のものと比べ、軽量であるということがあげられます。さらに、整形がしやすいのでスタイリッシュなデザインでも作ることが可能、というメリットもあります。

Comments are closed.

最近の投稿