1ピースホイールの品質と構造

一般的な車両のタイヤに採用されているホイールの構造には、1ピース・2ピース・3ピースといった種類があります。1から3の順に製造工程が複雑になり、材質などとも関係するため一概には言えないものの、通常は工程が複雑になるほど価格が上がっていきます。コスト面で言えば製造工程の少ない1ピースが一番リーズナブルであることが多いです。
1ピースホイールは、リム部からディスク部までつなぎ目がなく、一体化形成されたタイプのホイールで、鋳造製法のためホイールに求められる剛性・耐久性、材質的にも均一であるため、品質も安定しやすい傾向にあります。また、鋳造後に切削加工で仕上げるため、寸法精度が極めて高く、2・3ピース構造に比べて軽く仕上げることが出来る点もメリットとして挙げられます。
反面1ピースは、肉厚を薄くしにくいという面がありますが、一般的なアルミホイールのほとんどはこのタイプです。1ピースはリムとディスクの段差が少ないデザインの物が多く、特に鋳造の場合はコスト的にも安いので、一般的にはメーカー純正ホイールやお手頃価格ホイールや軽量ホイールに多く採用されており、現在の車両で採用されるホイールの主流となっています。

Comments are closed.

最近の投稿