話題のクリーンディーゼル!なぜ補助金が出るの?

近年では地球環境に優しく燃費も良いエコカーが有名自動車メーカーから相次いで販売されるようになっており、エコカー補助金制度などの影響も大きく、自家用車でエコカーを選ぶ人が飛躍的に増えています。

エコカーをいう言葉を聞くと多くの人の頭に浮かぶのがガソリンと電気の力で動くハイブリット車でしょうが、近年高い注目を集めており自動車愛好家からも高い評価を得ているエコカーがクリーンディーゼル車となります。

ディーゼルエンジンを搭載している自動車は軽油を主な動力源としているためランニングコストが安くなっていますし、トルクが高いためパワフルな走行性を楽しむことができます。
また、二酸化炭素の排出量がガソリンカーに比べて少なくなっているため地球環境に優しい自動車と言えるのです。

以前まではディーゼル車の排ガスには黒煙や窒素化合物が含まれていたため酸性雨や喘息を引き起こす原因になるとしてディーゼル車は敬遠される傾向にありました。
しかし近年の技術発達によってこれらの問題がクリアとなり、黒煙や窒素化合物の排出がなくなったため、エコカーとして認定されるようになり再び高い注目を集めるようになったのです。

国産メーカーではマツダ車が主にディーゼル車を販売していますし、メルセデス・ベンツやミニ、BMVなどの高級外国メーカーも地球環境に優しいディーゼル車を販売しています。
これからますます普及していくことが期待されています。

Comments are closed.

最近の投稿