大型自動車、鉄道車両、建設機械、船舶

燃料を燃焼、爆発させる事によって得られる力を動力とするエンジンには、それぞれ使用する燃料の違いから、異なる名称がつけられています。
当然、その構造も異なる事から、使用する燃料ごとに異なるエンジンの特徴があり、中でも軽油を燃料とするディーゼルエンジンは、高回転域より低、中回転域のトルクを重視した構造となっています。
このため、ディーゼルエンジンは、比較的大きな力を要する自動車などに搭載される場合が多く、燃料となる軽油の価格が、ガソリンの価格に比べ安価である点からも商業用に使われていることが多くなっているのです。
ディーゼルエンジンの長所もいくつか有りますが、最大のものはやはりそのトルクに有ります。
ガソリンエンジンで、同程度の出力を得るためには、そのエンジンの排気量や、エンジン自体の大きさが非常に大きくなってしまい、自動車に搭載する事も困難になってしまうため、このように高出力を求められる大型自動車や鉄道車両、更には建設機械や船舶などの場合、その殆どにディーゼルエンジンが使用されているのです。
環境に与える影響が問題になっている現代においても、代替品がまだ開発されていない、これらの使用用途に関しては、もう暫くの間、ディーゼルエンジンが主役で有り続けるのです。

Comments are closed.

最近の投稿