ディーゼルエンジンの魅力

ディーゼルエンジンとは、ディーゼル機関と呼ばれる事もある内燃機関の事です。ドイツ人技術者のアドルフ・ディーゼルが1892年に発明しました。空気を圧縮して高温になった時に軽油などをシリンダー内に噴射すると燃え始めます。ガソリンエンジンと比較して二酸化炭素の排出量が少なく、燃費性能が良いという利点があります。ガソリン車に比べて燃費は2から3割ほど優れています。効率面に優れたエンジンで、軽油や重油の他に、発火点225度程度の液体燃料であればスクワレンやエステル系も使用する事ができます。一般的に軽油、灯油、重油が使われる事が多く、誤ってガソリンを給油してしまうと、エンジンは止まってしまい、噴射ポンプを傷つけてしまう可能性があります。日本においてはレギュラーガソリンやハイオクガソリンに比べて軽油の方が価格が安いので、燃料費を抑える事ができます。燃費が良いという事は給油回数をが抑えれるので経済的でもあります。日本よりもヨーロッパで積極的に採用されているエンジンで、技術の進歩により排ガス性能が向上した事、燃費が良い事などが評価されています。また、汎用性も高く小型高速機関や船舶用低速機関など様々なバリエーションがあります。

Comments are closed.

最近の投稿