エンジン補助で楽々ドライブ

エコカーと呼ばれる車に「ハイブリッドカー」があります。近年では、その需要も増えてきており身近な車となっています。このハイブリッドカーは、エンジンと電気モーターの2つの動力を持った自動車のことを総称してこのように呼びます。
ハイブリッドカーは、基本的に電気モーターが、補助的な役割を果たしながら走行する車です。この電気モーターは、走行中などに充電するシステムとなっているので、従来の車と同様に使用することができます。こうした補助的システムによって、排気ガス量が減少するので環境に優しく、さらに燃費が良いというメリットが、このハイブリッドカーの魅力です。
電気モーターは、回り始めに最大のトルクを発揮するという特性があるため、内燃機関が最も効率の悪いとされている、低速発進時に利用されています。これにより、燃費が良く加速時のチカラがパワフルになるのです。電機での駆動ではガソリン消費が格段に下がるので、排気ガスが少なくCO2の排出も減少するので、環境に優しいと言われているのです。
ハイブリッドカーには、大きく分けて3つのタイプがあり、1つは「シリーズ・パラレル方式」、2つ目に「パラレル方式」、3つ目に「シリーズ方式」があります。シリーズ・パラレル方式は、低速時はモーター、速度上昇により内燃機関とモーターが作動します。この方式は「トヨタ・プリウス」などのいトヨタ系車両に使用されています。パラレル方式は、内燃機関が主に作動し、モーターがサポート役となります。この方式は「ホンダ・シビック」などに使用されています。シリーズ方式は、モーターのみの電気自動車を指します。

Comments are closed.

最近の投稿