ブレーキとモーターで電気自動車は充電できるの?

電気自動車において走行距離を増やすための工夫というのは結局「いかに充電を行うか」という事につきます。その為に各社とも様々な工夫がなされているのですが、その中でも定番の方法としてモーターとブレーキを利用した充電システムがあります。
そもそも自動車に限らず充電というのは何らかのエネルギーを使ってモーターを動かして、そこで生まれた電気エネルギーをバッテリーに貯めるという構造です。
そこで、電気を少しでも蓄えたい電気自動車においてもタイヤの回転という運動エネルギーを電気に変換するシステムというのが考えられたわけです。
具体的にどのような構造しているのかと言うと、まずアクセルを踏みとバッテリーから放電がなされてエンジンの代わりとなるモーターが駆動して車が動きます。そしてスピードがついた時点でアクセルを放すと、こんどはタイヤの回転を内部の発電機に伝えて電気を発電し、その電力をバッテリーに貯めるというシステムが搭載されているのです。
身近で判りやすい例で言うのであれば自転車に付属しているダイナモライトを考えて貰うと判りやすいのですが、ダイナモライトというのは常に発電して抵抗を受け続けるという構造になっていますが、電気自動車においては効率を求めるため電気制御で発電の有無を調整しているのが普通です。

Comments are closed.

最近の投稿