電装パーツの基本

自動車の改造を楽しんでいる方も多くいますが、ドレスアップなどを施す方法として電装パーツを用いる方法があります。古い時代ではヘッドライトのハロゲンランプを交換する方法や、フォグランプを後付けパーツとして取り付けを行うことが流行したことがありますが、現在では電装パーツも進化をしている状態にあって、その多くがLEDを用いたパーツの利用が主流になります。LEDの場合では、非常に薄型でコンパクトな商品が用意されていて、以前では不可能だった場所にまで施工することができます。実際に販売されている商品の中にはフルカラーテープというものがあり、例えば16色から自由に色を選択することができて、尚且つ明るさ調整などを自由に行うことのできる電装パーツまで販売されています。このタイプではエクステリア対応しており、防水性能に優れたものも多く、外装品としてグリル周りやボディの下の部分など、自由な場所に取り付け可能です。ルームランプも大切なパーツです。改造を行うには、やはりLEDタイプの電球に変更する方法がメインになり、一般的な電球の場合では自然色に近い状態ですが、LEDの場合では完全に白色に設定することもでき、他のカラーであっても対応可能です。

Comments are closed.

最近の投稿