給排気系パーツの基本

給排気系パーツを見直すだけで、走りが大きく変わることがあります。給排気系パーツで基本となるのはマフラーで、高性能なものに交換すると、エンジンからの排気効率が上がるために、エンジン内での燃焼が促進され、エアーがエアクリーナーからエンジンシリンダーを通ってマフラーから排出されるまでの一連の流れがスムーズになります。つまり、燃焼効率が良くなるわけです。特にターボエンジン車の場合、タービンに多くのエアーを送りこまなければならないような場合、燃焼効率が良くなることでエンジンのパワーアップが期待できます。

また、マフラーを交換することで、口径が太くなるのでリアビューの迫力が増したり、サウンドも重厚でスポーティに変わるのでドレスアップ効果もあります。ただ、注意点もあります。それはマフラーを交換するとエアーの抜けばかりが良くなって、吸気が追いつかなくなっていますことです。安定したパワーを引き出すためには、吸気系パーツも交換する必要があります。吸気系パーツで手軽に交換することができるのがエアフィルターです。エアフィルターを高効率なスポーツタイプに交換すると、吸気と排気の両方の性能がバランス良くアップし、よりエアの流れがスムーズになります。

Comments are closed.

最近の投稿