サスペンションとブレーキの基本

車を改造するにあたり、方向性を決めなければなりません。スポーティーな方向付けの場合は、車高を低くする事から始めるのが基本となります。当然ローダウンさせるには、サスペンションとショックアブソーバーの交換となります。ここで選択しなければならないのは、サスペンションのみの交換・サスとショックの両交換・車高調キットに交換の3パターンです。どのパターンにもメリットデメリットが存在しています。サスのみ交換の場合コストは安く済みますがショックのヘタリが早いです。両方を交換する場合はセッティングが自分の走りに合わせる事が出来ずにパーツの方に合わせる乗り方になります。車高調は自分で思いどりのセッティングが出来る半面パーツコストが高いです。どの方法が良いかは個人の考えになりますが基本は両方交換かキットの交換がベストです。
ローダウンさせた場合、重心が下がりコーナー速度があがります。当然速く走るだけなら問題はないのですが、止まる事も考えなければなりません。街乗りではブレーキの交換は必要ありませんが、峠やワインディングロードを走る場合はストリート用にパットを交換する必要性があります。摩擦熱によるローターの高温化によって効きが悪くなる可能性があるからです。サーキットまでの事を考えているのならキャりパーやローターの交換も必要になってきます。
街乗りなのか峠中心なのかサーキット中心なのか使用する目的で足回りやブレーキパーツが決まります。自分がどの頻度が高いのか検討後、ショップとの交渉に入って下さい。

Comments are closed.

最近の投稿