改造は1箇所ずつが基本

自動車のドレスアップや性能の向上を目的に改造する際に注意すべき点として、一度に行う改造は1箇所ずつにすることです。窓ガラスにフィルムを貼ったりステッカーを装着するような場合はともかく、ランプやスピーカーなどの電装品を取り付けるために電気系統に手を加えたり、動力系の部品を交換したりする改造を行うことで不具合が生じる可能性があるからです。もしも不具合が生じた時に改造が1箇所ずつであれば原因を特定するのが容易ですし、元の状態に戻す作業も簡単です。一度に1箇所ずつ改造してからある程度の期間にわたり様子を見るようにすれば、もしもトラブルが発生した際の対応が容易にできます。もしも一度に何箇所も手を加えた後に何らかの不具合が生じてしまったら、不具合の原因を調べたり元の状態に復元する作業が大変です。特に注意すべき点としては電気を消費する装置を装着する際にバッテリーの容量が不足することです。装着直後は問題なく使うことができるかもしれませんが、消費する電力に対してバッテリーの容量が不足していると徐々にバッテリーの電力が不足してエンジンがかからなくなってしまったり最悪のケースでは走行中にエンジンが停止してしまう事があり、事故に繋がる恐れがあります。

Comments are closed.

最近の投稿