日本の道路総延長は?

116.2万キロメートルという日本の道路総延長は、すべてつなげると地球約30周分に相当するものになっています。国土との割合からすれば、ものすごい数値であり、狭い範囲に何本もの道路が設置されていることを意味しているのです。また高速道路のような有料のタイプから砂利道および歩道のみなど小さなものまでバラエティ豊かな道があるのも日本の大きな特徴を示しています。陸を移動する際には不可欠な存在であるため、こういった内容は産業界の発展にも大きく関わったというようにも言えるのです。
一方で鉄道や飛行機など他の交通手段が発展しているものの、幅広い範囲をカバーできるのは結果的には道路であるという結論に至ります。また生活に一番密着している存在になっているので、ここ数年では道路の舗装や拡張の工事が各地で増えてきているのです。より多くの人へ恩恵を残すことができるよう、具体的に実行する際には無駄を省いた効率的な内容へ収束していく部分が重要になります。
以上の事柄を冷静に振り返っていけば、総延長と日本の経済成長との関連性も見えてくるのです。人や荷物を日々運んでいるという内容については、献身的な国民性も伺えるということに該当します。

Comments are closed.

最近の投稿