日本一長い橋と、日本一長いトンネルは?

日本の国土は海に囲まれており、また山も多いといえるでしょう。乗用車やオートバイなどで道路を走っているときに、河口や海に面している道路を走っている時には、橋を多く通過することがあり、山間部等の道路を走っている時には、トンネルを通過することが多いと思ったことはないでしょうか。これだけの数があるのであれば、日本一長い橋やトンネルはどこにあるのだろうと疑問に思うことはないでしょうか。ここでは、その疑問を解消します。
まず、橋の日本一は千葉県木更津市にある、東京湾アクアブリッジになります。これは、木更津市と神奈川県川崎市とを結ぶ東京湾アクアラインの千葉県側にあります。海ほたるがある道路としても知られていると思います。長さは4424mもあります。
次にトンネルの日本一ですが、群馬県利根郡みなかみ町と新潟県南魚沼郡湯沢町を結ぶ、関越トンネルになります。関越自動車道の道中にあり、お盆やお正月等の交通渋滞等でも、報道されることもありますので、耳にしたことがある人も多いかもしれません。
長さは11055mで10km超えとなります。
ドライブや旅行、帰省などで近くを通る機会があれば、その長さを実感してみるのもよいのではないでしょうか。

Comments are closed.

最近の投稿