道路がもつ交通以外の役割とは

古今東西、道路の持つ役割は重要で、誰しもがイメージする役割としては都市と都市を結ぶ交通で用いられることがイメージされやすいです。この交通の便利さによって新たな産業が生まれたり、人々が集まってきたりする要素にもなるからです。

しかし、よく分析すると交通以外の重要な役割も持っていたりします。例えば空間機能としての側面があります。

道路には人々の往来を邪魔する建物が建てられない敷地でもありますので、その地下を活用して電気やガス、電話、上下水道などの人々のライフラインを確保する上でも利用されます。よく街中では交通規制をかけて、道路表面の土地を掘り返して工事を行なっているシーンも多いですが、まさに電気や電話などの工事を行なっているケースが多いです。

もっとも建物が上に存在しないため、修理やメンテナンスも容易に行なうことができ、インフラの整備を行ないやすくなります。また道路があることで建物が密集していても、一定の採光や通風にも優れた機能があり、火災が起きたときの延焼を防ぐ防災を確保する役割もあります。

しかも災害発生時の避難場所や避難路にもなり、お祭りなどのイベント時にはそこで催し物も行なわれたりすることもあります。その他に道路があることで都市の美観が保たれるすることもあり、人々が暮らしやすかったり、観光しやすい街にも貢献したりします。

 

Comments are closed.

最近の投稿